ドラマの主題歌を聴くなら!⇒PV無料動画ファイルナビJ−POP館

入手困難!エコバック⇒アニヤハインドマーチ極秘情報

ライフ 第2話カテゴリの記事一覧

ライフ 第2話


ドラマ ライフ 第2話 あらすじ

椎葉歩(北乃きい)は、佐古克己(細田よしひこ)に振られたショックで踏み切りに飛び込んだ安西愛海(福田沙紀)を間一髪のところで救い出した。その場で大好きな人と克己のお嫁さんになる夢もなくなったと泣き崩れる愛海にかける言葉がみつからない歩。

翌日、愛海は学校を休むが1年2組の黒板には廣瀬倫子(星井七瀬)を中傷する文字が書かれていた。慌てて消す倫子を、歩はどうすることもできず切なく見つめるだけだ。体育の授業中、歩は岩本みどり(末永遥)らに愛海が振られたことを隠して克己のことを聞き出すが、愛海一筋だとの返事が返ってきた。同じ頃、佐古建設の社長で克己の父・敏克(勝村政信)の元へ愛海の父・大治郎(小野武彦)が訪ねてきた。愛海へ別れを切り出した克己のことを敏克に激しく責める大治郎。その夜、敏克は克己に暴行を加えて愛海とよりを戻すように命令をする。

翌日、愛海は学校へ来るが克己に無視をされたことで倒れて保健室に運ばれた。愛海から別れの理由が知りたいと言われた歩は、放課後、克己の元へ行き理由を尋ねるがはっきりとした答えが得られない。雨の中、傘もささずに必死にくらいついてくる歩に克己は傘を貸すからと家へ誘う。仕方なく家に入る歩だが、その様子を見ていた倫子が携帯の動画でこっそり撮影していた。克己の部屋に通された歩は1冊のアルバムを発見する。そこには女子高生が縛られているSM写真の数々が貼ってあり、慌てて元に戻す歩だが克己が戻ってきてしまう。写真を見られたことを察知した克己は豹変し、いきなり歩に襲い掛かった。克己は歩を下着姿にして手錠とガムテープで拘束すると、自殺未遂をした篠塚夕子(大沢あかね)の話を持ち出しみんなにバラすと脅迫して土下座をさせたあげく、微笑むように強要してデジカメで撮影する。一方、高校の同窓会に出席していた椎葉文子(真矢みき)は、同級生だった敏克と再会していた。敏克の名刺の“代表取締役社長”の文字を見ながら、ぎこちない笑顔を浮かべる文子。

母親の帰宅で克己から開放された歩は、雨の中を家路につくが足元がふらつき転んでしまう。そのまま起き上がれずにいた歩に傘がさしかけられた。羽鳥未来(関めぐみ)だ。歩に傘を渡すとアルバイト中の喫茶店へ戻っていく未来。翌日、学校を休みたいと訴える歩に文子は点数の悪かったテストの事を責めて取り合ってくれない。仕方なく家を出た歩は未来がバイトする喫茶店へ傘を返すために立ち寄った。少しだけ気持ちが落ち着き、学校へと向かった歩へ愛海が声をかけてきた。愛海は歩のおかげで克己とよりを戻せたと微笑み、お礼だと犬のぬいぐるみをプレゼントする。その頃、校舎裏では倫子が歩と克己の姿を映した動画をみどりらに見せていた。愛海に見せようとする倫子に、みどりたちはショックから立ち直ったばかりだからと止める。教室では歩と愛海と克己が一緒にお弁当を食べていた。まったく食の進まない歩に、愛海は克己の鞄からデジカメを取り出し、写っている2ショット写真を見せた。さらに他の写真も見ようとする愛海だが、その手を歩がとっさにつかんだことで愛海のスカートに紅茶がこぼれてしまう。愛海がトイレへスカートを洗いに行くと、話があると携帯電話を握り締めた倫子が近づいてくる。一方、歩は克己から昨日の写真を見せられていて…。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。